日記

【iPhone活用術】ユーザ辞書を使って面倒な入力作業をカット

「スマートフォンがあれば、なんでもできる時代」「IoTが熱い」なんて言われているように、インターネットがあるからこそ生活が成り立っている...そんな時代に変わりつつあります。

KAZUYA
スマートフォンを使っていろんなことができるけど、毎回同じような情報を入力するのってめんどくさいよね?

面倒な入力例

  • 「住所」の入力
  • 「電話番号」の入力
  • 「メールアドレス」の入力
  • 特殊な変換が必要な単語
  • 定型文

「チッ...またメールアドレス入力するのかよ」「あ〜引越したばかりだから住所覚えてない...」こんな葛藤を抱いている方も多いと思います。実は、頻繁に使う単語をiPhoneに登録しておくことで、簡単に呼び起こすことができるのです。

この記事の概要

  • 「ユーザ辞書」の素晴らしさ
  • 「ユーザ辞書」の登録方法

「ユーザ辞書」を使うと面倒な入力作業をカットできる

iPhoneには「ユーザ辞書」という機能があります。

頻繁に使う「単語」と「単語の読み方」を登録しておくことで、入力作業をするとき単語が変換候補として表示される仕組みです。

ユーザ辞書の活用例

  • 「か」と入力→「鹿児島ユナイテッドFC」と変換
  • 「でんわ」と入力→「080-〇〇〇〇-〇〇〇〇」と変換
  • 「いえ」と入力→「鹿児島県鹿児島市〇〇町111-1」と住所に変換
KAZUYA
頻繁に使う単語だからこそサクッと入力したいですよね。

続いて、ユーザ辞書の登録方法について解説します。

【登録方法】ユーザ辞書を使ってみよう

ユーザ辞書はiPhoneに備わっている機能なので、アプリのインストールやサービスに入会する必要はありません。

Step.1 【設定】→【一般】→【キーボード】

iPhoneのホーム画面から【設定】→【一般】の順にアイコンをタップしてください。

次に、【キーボード】を選択します。

Step.2 ユーザ辞書に「単語」と「よみ」を登録する

【キーボード】から【ユーザ辞書】を選択します。

「単語」と「よみ」の登録は「+」マークからおこないます。

登録するもの

  • 単語:メールアドレス(〜@gmail.com)
  • よみ:「あど」

つまり、iPhoneのキーボードで「あど」と入力することで「〜@gmail.com」のアドレスが表示されます。

(今回は、例としてメールアドレスをと登録しますが、同じ要領でお好きな単語を登録できます)

  • 単語:入力したい情報
  • よみ:「単語」を表示させるためのキーワード

「単語」と「よみ」が入力できたら【保存】をタップして登録完了です。

まとめ

今回は、iPhoneの入力作業をスムーズにできる機能「ユーザ辞書」をご紹介しました。

どんどん効率化させて有益な時間を作りましょう。

 

-日記

Copyright© じゃりぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.