サッカー

【インスタライブ】直接FKを決めたときに「尾崎瑛一郎」選手と何を話していたのか?

2020年5月22日、アスルクラロ沼津に所属している「えーさん(尾崎瑛一郎選手)」とインスタライブをおこないました。リアルタイムで参加していただいた皆様、そして「えーさん」本当にありがとうございました。

事前アンケートでは、「FKのときに尾崎選手と何を話していたのですか?」という質問がたくさん寄せられました。(※僕がアスルクラロ沼津に所属していた「2018年7月21日」のFC東京U-23戦ですね)

FKの内容について配信では触れましたが、リアルタイムで視聴できなかった方も多いと思います。今回は、改めてFC東京U-23戦のFKシーンを振り返っていきます。

今回の内容

  • FKを蹴る前に尾崎瑛一郎 選手と何を話していたのか?
  • 狙った場所に蹴るために意識したこと

実際の試合映像をもとに、解説していきます。

【2018年7月22日】vs FC東京U-23 |えーさんとの会話

まず、ボールをセットしたときに、壁の高さや枚数を確認して「えーさん」が譲ってくれた。

えーさんたぶん、あのキーパー俺が蹴ると思ってるよ。去年あの選手から直接フリーキック決めてるから

砂森「なら、俺蹴っていいですか?」

普段は絶対に譲ってくれないけど、なぜかこの時だけは譲ってくれた!

【2017年6月25日】えーさんの直接FK

えーさんが、「たぶん、あのキーパー俺が蹴ると思ってるよ。去年あの選手から直接フリーキック決めてるから」と言ってた、フリーキックのシーン。

シンプルにうますぎ。笑

えーさんは、1年前の試合の経験から、スッと助言をしてくれたんだよね。そういうところが「やっぱ、すごいな!」って思うよね。

右を狙った理由と蹴る前に意識したこと

「なんで、右に蹴ったのか?」って質問もあったので"ざっくり"解説します。

一番の理由は、右側サイドネットに蹴り込めるイメージがあったこと。そして、壁の中に立っている味方のおかげで、GKはボールの位置・軌道を把握できず、ボールが壁を越えてからじゃないと反応ができない状況でした。

キーパーの心理を逆手にとって、あえて反応しづらい右に蹴りました。高さやスピードも求めずに、ファーポスト側に立っている「翔大(青木翔大 選手)」の頭がターゲット。とにかく"フカさない”ことを意識しています。

フリーキックを蹴る前は少し時間を空けて、「えーさん」に蹴る雰囲気を作らせてからなるべく短い助走で蹴りました。

TwitterやInstagramで「印象に残ったシーン」「言葉」を教えてください!

改めて、インスタライブのご視聴ありがとうございました。

「えーさん」と、お話ができてとても楽しかったです!(歌うますぎ。笑)

今回のインスタライブで、「印象に残ったシーン」「言葉」がありましたら、メンション(@←)をつけて投稿してくれると嬉しいです!(Twitterは引用RTでコメントを添えてください!)

↓前回の鹿児島ユナイテッドFC Zoom対談の様子です。コメントありがとうございました!↓

尾崎瑛一郎 選手のSNSアカウント

-サッカー

Copyright© じゃりぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.